コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宍戸城 ししどじょう

日本の城がわかる事典の解説

ししどじょう【宍戸城】

茨城県笠間市(旧友部町)にあった平城(ひらじろ)。鎌倉時代初めの1203年(建仁3)に常陸国守護の八田知家の四男家政が築城し、宍戸氏を名乗った。宍戸氏は、それ以降約400年間にわたって、この城を拠点に一帯を支配した。のちに宍戸氏は佐竹氏に敗れて服属し、佐竹家の家臣団に組み込まれたが、宍戸氏はそのまま同城を居城とした。関ヶ原の戦いの後、佐竹氏は徳川家康から秋田への移封を命じられたが、宍戸氏も佐竹氏に従い、この地を去り、秋田から国替えとなった秋田氏の城となった。秋田氏が陸奥国三春(福島県)に国替えになった後、一帯は天領(幕府直轄領)となったが、1682年(天和2)、水戸藩主徳川光圀の弟の松平頼雄が1万石を与えられて水戸藩の支藩となり、宍戸城を陣屋とした。それ以降、明治維新に至るまで松平氏の陣屋として存続した。城・陣屋の遺構は現在、稲荷神社境内の土塁などをのぞき、ほとんど残っていない。JR常磐線の友部駅から徒歩約10分。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

宍戸城の関連キーワード茨城県笠間市平町安東氏

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android