コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宍戸城 ししどじょう

1件 の用語解説(宍戸城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

ししどじょう【宍戸城】

茨城県笠間市(旧友部町)にあった平城(ひらじろ)。鎌倉時代初めの1203年(建仁3)に常陸国守護の八田知家の四男家政が築城し、宍戸氏を名乗った。宍戸氏は、それ以降約400年間にわたって、この城を拠点に一帯を支配した。のちに宍戸氏は佐竹氏に敗れて服属し、佐竹家の家臣団に組み込まれたが、宍戸氏はそのまま同城を居城とした。関ヶ原の戦いの後、佐竹氏は徳川家康から秋田への移封を命じられたが、宍戸氏も佐竹氏に従い、この地を去り、秋田から国替えとなった秋田氏の城となった。秋田氏が陸奥国三春(福島県)に国替えになった後、一帯は天領(幕府直轄領)となったが、1682年(天和2)、水戸藩主徳川光圀の弟の松平頼雄が1万石を与えられて水戸藩の支藩となり、宍戸城を陣屋とした。それ以降、明治維新に至るまで松平氏の陣屋として存続した。城・陣屋の遺構は現在、稲荷神社境内の土塁などをのぞき、ほとんど残っていない。JR常磐線の友部駅から徒歩約10分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宍戸城の関連キーワード笠間市笠間藩笠間稲田御坊西念寺友部[町]長谷川林子山口勘兵衛タカタマリーナ電子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone