コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家臣団 かしんだん

百科事典マイペディアの解説

家臣団【かしんだん】

戦国時代,権力集中型の強力な軍事組織の必要から戦国大名が編制した常備軍。支配機構の中心の家老・奉行に一族・譜代(ふだい)を置き,服属したもと在地領主層の家臣を外様(とざま)・国衆とし,擬制的な家である家中(かちゅう)として取り込み,城下集住を進めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の家臣団の言及

【家中】より


[中世]
 室町・戦国時代以後の武家文書の中で,よくあらわれてくる用語であって,例えば,戦国大名の一族,被官および新参の者等をひっくるめて〈何々家中衆〉〈何々御家中〉とよんでいたのが,それにあたる。南北朝時代よりも以前の社会では,一族の惣領とその一族員との関係は,一種共和的な性格をもった族縁共同体ともよばれるべき存在であったが,南北朝・室町時代に進むにつれて,一族の当主はその一族員をも,他の被官クラスの人々すべてに準じて,自己の家臣として位置づける方向を明らかにしはじめ,そこに,南北朝時代以降の武士団に特徴的な,いわゆる家臣団の編成が進んだのである。そしてこの主君・家臣団の総体を当時家中とよんだ。…

※「家臣団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

家臣団の関連情報