コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支藩 しはん

大辞林 第三版の解説

しはん【支藩】

本家から分かれた者が藩主である藩。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

防府市歴史用語集の解説

支藩

 江戸時代の山口県のうち、本藩[ほんはん]の萩藩を除いて、4つの小さな藩があり、それらを支藩と言います。それぞれに毛利氏の一門[いちもん]が藩主になっており、徳山藩[とくやまはん]・岩国藩[いわくにはん]・長府藩[ちょうふはん]の3つがありましたが、1653年に長府藩の一部が清末藩[きよすえはん]として独立して、4つの支藩ができあがります。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

支藩の関連キーワード広瀬[町]小城[町]黒石[市]水野徳三郎小林虎三郎都城[市]鴨方[町]鹿島[市]久居[市]一関[市]吉川広家片岡常道多度津藩乃木希典神代独楽山内豊信毛利就隆富山藩宍戸藩鍋島氏

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

支藩の関連情報