支藩(読み)しはん

防府市歴史用語集「支藩」の解説

支藩

 江戸時代山口県のうち、本藩[ほんはん]の萩藩を除いて、4つの小さながあり、それらを支藩と言います。それぞれに毛利氏一門[いちもん]が藩主になっており、徳山藩[とくやまはん]・岩国藩[いわくにはん]・長府藩[ちょうふはん]の3つがありましたが、1653年に長府藩の一部が清末藩[きよすえはん]として独立して、4つの支藩ができあがります。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典「支藩」の解説

し‐はん【支藩】

〘名〙 本家から分かれた者が藩主となっている藩。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉六「幕府則ち水戸の支藩松平大炊頭に鎮撫の令を下しつつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android