コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支藩 しはん

大辞林 第三版の解説

しはん【支藩】

本家から分かれた者が藩主である藩。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

防府市歴史用語集の解説

支藩

 江戸時代の山口県のうち、本藩[ほんはん]の萩藩を除いて、4つの小さな藩があり、それらを支藩と言います。それぞれに毛利氏の一門[いちもん]が藩主になっており、徳山藩[とくやまはん]・岩国藩[いわくにはん]・長府藩[ちょうふはん]の3つがありましたが、1653年に長府藩の一部が清末藩[きよすえはん]として独立して、4つの支藩ができあがります。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

支藩の関連キーワード広瀬[町]黒石[市]小城[町]水野徳三郎小林虎三郎鹿島[市]都城[市]惣百姓一揆鴨方[町]久居[市]一関[市]吉川広家多度津藩乃木希典神代独楽松本魯堂山内豊信山内忠直毛利就隆大聖寺

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

支藩の関連情報