コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗名論争 しゅうみょうろんそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗名論争
しゅうみょうろんそう

仏教用語。宗派の名称の正統性に関する宗派間の論争のこと。特に有名なものに (1) 法華宗,(2) 浄土真宗をめぐるものがある。 (1) は天台宗日蓮宗の間で争われた。 (2) は浄土宗と浄土真宗の間で争われ,浄土真宗名が公に許されたのは明治5 (1872) 年である。現在は浄土真宗本願寺派 (西本願寺) 以外は一般に「真宗」と称している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android