コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法華宗 ほっけしゅう

6件 の用語解説(法華宗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法華宗
ほっけしゅう

もとは天台宗が『法華経』を根本経典としたので天台宗の本名であった。しかしのちに日蓮宗が現れて盛んに『法華経』を広めたので,俗に日蓮宗を法華宗と称するようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほっけ‐しゅう【法華宗】

法華経をよりどころとするところから》
古く、天台宗の異称。
日蓮宗の俗称。また、その流派のうち、本門流・真門流・陣門流の総称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

法華宗【ほっけしゅう】

日蓮宗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほっけしゅう【法華宗】

法華経》をよりどころとする宗派。《法華経》は,インドの比丘(びく)(僧)の教団とは別に,在家信者の菩薩団の運動のなかで北西インドに成立,釈尊は歴史を超えた永遠の昔からの存在であるとし,その教えを譬喩(たとえ)や象徴によって説いた。インドでは竜樹が《大智度論》に引用し,世親はこの注釈書《妙法蓮華経優婆提舎(うばだいしや)》を著している。中国では6種の漢訳ができたが,クマーラジーバ(鳩摩羅什)の《妙法蓮華経》が最も流布した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほっけしゅう【法華宗】

〔「法華経」をよりどころとする宗派の意〕
天台宗(天台法華宗)の別名。
日蓮宗(日蓮法華宗)の別名。また、日蓮宗内の教派名。本門流・真門流・陣門流の三流派がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法華宗
ほっけしゅう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の法華宗の言及

【日蓮宗】より

…古くは〈法華宗〉〈日蓮法華宗〉などとも称した。日蓮を宗祖とする仏教の宗派の総称だが,現在では山梨県身延久遠(くおん)寺を総本山とする日蓮宗の代表的一派の名称でもある。…

【本能寺】より

…京都市中京区にある法華宗(本門流)の本山。妙顕寺から分かれた日隆が1415年(応永22)油小路高辻と五条坊門の間(現,下京区)に開創,29年(永享1)内野(うちの)に再建。…

※「法華宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法華宗の関連情報