コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗教現象学 しゅうきょうげんしょうがくphenomenology of religion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗教現象学
しゅうきょうげんしょうがく
phenomenology of religion

比較と本質直観により宗教の内的構造の把握を目指す学問。換言すれば,宗教現象の内部にある本質的構造を導きとして,個々の宗教の内容を理解しながら,そこにとどまらず,さらに理想類型へと昇華させることにより,宗教のダイナミックな構造を明らかにしていくことを目指している。宗教現象学は,宗教諸学のなかでは最も新しく,その先駆は 18世紀頃に求められるが,特に 20世紀に入ってから注目されるようになった。代表的宗教学者としては,G.レーウや C.J.ブレーカー,R.ペッタツォーニ,J.ワッハ,M.エリアーデらがいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

宗教現象学の関連キーワードR. ウェルブロウスキークラーメル宗教人類学多神教堀一郎霊魂

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android