コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗社 ソウシャ

デジタル大辞泉の解説

そう‐しゃ【宗社】

宗廟(そうびょう)と社稷(しゃしょく)。転じて、国家。
「印度の開化、世界に先だちて而して其―の覆えりしこと幾回ぞ」〈雪嶺真善美日本人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そうしゃ【宗社】

宗廟そうびようと社稷しやしよく
国家。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

宗社の関連キーワード僧・層・巢・争・倉・僧・創・双・叟・叢・喪・嗽・噪・壮・壯・奏・宗・層・巣・惣・想・愴・挿・捜・掃・掻・搔・插・操・早・曹・曽・曾・桑・槍・槽・漕・漱・燥・爪・爭・爽・痩・瘦・瘡・相・窓・箏・糟・綜・総・總・聡・草・荘・莊・葬・蒼・藪・藻・装・裝・走・踪・躁・送・遭・雙・霜・騒・騷大隈重信内閣三重県桑名市小磯 国昭桑名神社中臣神社山水画粛親王日野強磐石宗廟

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗社の関連情報