コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官物率法 かんもつりっぽう

世界大百科事典 第2版の解説

かんもつりっぽう【官物率法】

10世紀初頭に律令税制体系が改められて,田地賦課中心の官物と臨時雑役との2本建ての税制体系ができた。官物は,はじめは租を含む田率賦課物の集合体の名称であり,その反別賦課率は,988年(永延2)の〈尾張国郡司百姓等解文〉第3条,第5条にみられるように,国守によって多少変動できるものであった。このことは,国守が年の豊凶に応じて最大限の収取をなしうる手段となった。しかし1040年代に税制の変更が行われ,同じく官物といってもその内容は租などの集合体たる性格を捨て,同時に各国ごとに官物の反当賦課率が定められることになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

官物率法の関連キーワード国役

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android