コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨時雑役 りんじぞうやく

百科事典マイペディアの解説

臨時雑役【りんじぞうやく】

平安時代中・後期,国衙(こくが)を通して賦課された諸課役。当時の収取は官物(かんもつ)と臨時雑役からなっていた。臨時雑役には官交易糸絹,調沽買(ちょうのこばい)絹,官修理檜皮(ひわだ),造宮料加徴米(かちょうまい),検非違使供給(けびいしくごう)など雑徭(ぞうよう)の系譜を引くものが多い。11世紀半ばからは官物・雑公事(ぞうくじ)制に移行し,臨時雑役のうち交易物などは双方に編入され,造宮役などは一国平均役に変わった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りんじぞうやく【臨時雑役】

平安時代中・後期,国郡司(国衙)および朝廷が各国内に賦課した恒例・臨時の諸課役の総称。とくに10世紀から11世紀前半期においては,律令税制から中世的収取体系へ移る過渡的税制として,官物(かんもつ)とともに基本的賦課体系を構成した。律令制にもとづく調庸・雑徭などの諸課役は,9世紀を通じてその内容が変質し,それらが本来もっていた律令税目としての性格をしだいに喪失させていったが,9世紀末,10世紀初期ごろから,国郡司らが国内に賦課するこれらの雑役化した課役や交易物,さらには朝廷・諸官司からの臨時の加徴・賦課は,全体として臨時雑役と呼称されるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の臨時雑役の言及

【公事】より

…これは諸国の受領(ずりよう)の富をあてにしたものであるが,その負担がしだいに増えると,受領は自己負担とせずに,公事の課役を臨時に国内に課して徴収するようになる。これが臨時雑役(りんじぞうやく)であるが,やがてこれも恒常化し,朝廷でも初めから国内からの賦課を認めて公事を課すようになった。これが造内裏役(ぞうだいりやく)や伊勢神宮役夫工米(やくぶくまい)等の勅事(ちよくじ)の公事である。…

※「臨時雑役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

臨時雑役の関連キーワード三代御起請地不輸・不入官物率法所当官物万雑公事官省符荘国免荘曽禰荘黒田荘輪田荘曾禰荘茜部荘年貢国判国役

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android