コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別符 べっぷ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別符
べっぷ

平安時代末期~鎌倉時代に成立した土地制度別府,弁分とも書き,「べふ」「びゅう」とも読む。その成立過程,語義はまだ定説はないが,11世紀以降国衙 (こくが) から恩典を与えられて新開した地といわれる。その地は別符保,別符名と呼ばれ,国衙領,私領の2面性を有した。別符は各地に成立したが,地名化した代表的なものに大分県の別府市がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

べっ‐ぷ【別符/別府】

平安末期に成立した土地制度の一形態で、荘園に付属する一部区域が国司免符などによって独立的な状態になったもの。地名化したものもあり、大分県の別府はその代表例。べふ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

別符【べっぷ】

平安時代末期から鎌倉時代,荘園や公領で本来の支配領域に付随する地域を,別納(べちのう)徴符や国司免符(こくしめんぷ)を与えて新たに開発させ,独立した単位の所領としたもの。
→関連項目飾磨津

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

べっぷ【別符】

平安末期から鎌倉期に見られる土地制度上の地域呼称。本来の荘園に付随する地域と,本荘とは別に国司免符や院庁下文等(別納の符)を申請者にあたえて開発させ,独立的性格の所領とさせたもので,多くは〈一色別符〉すなわち所当・公事のうち所当一色を徴納した。1124年(天治1)美濃国茜部荘を領する東大寺が,〈くだんの牓示の内をもって光国私領鶉郷の別符と号し,ひとえに押領するところなり〉と源光国を非難したように,所領の拡大手段ともされ,また肥前国松浦荘が,筑前守国兼の私領から鳥羽院庁下文で別符とされ,ついで牓示を打ち立券荘号の手続がとられたように,私領の荘園化の過程でも成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

別符
べっぷ

「べふ」「びゅう」などともいう。平安時代末期に成立した土地制度の一つで、国衙(こくが)が特別の符宣をもって成立させた特別区域。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

別符の関連キーワード不正アクセス行為の禁止等に関する法律イモビカッター・テスター日本郵便制度史(年表)不正アクセス禁止法二階堂行雄(1)時分割多元接続敵味方識別装置別府(市)良円(5)京極准后吉川経見阿多忠景発光信号吉川経兼加藤光員吉川経信田原氏能田原直貞山田忠能詫磨能秀

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android