コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別符 べっぷ

5件 の用語解説(別符の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別符
べっぷ

平安時代末期~鎌倉時代に成立した土地制度。別府,弁分とも書き,「べふ」「びゅう」とも読む。その成立過程,語義はまだ定説はないが,11世紀以降国衙 (こくが) から恩典を与えられて新開した地といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

べっ‐ぷ【別符/別府】

平安末期に成立した土地制度の一形態で、荘園に付属する一部区域が国司免符などによって独立的な状態になったもの。地名化したものもあり、大分県の別府はその代表例。べふ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

別符【べっぷ】

平安時代末期から鎌倉時代,荘園や公領で本来の支配領域に付随する地域を,別納(べちのう)徴符や国司免符(こくしめんぷ)を与えて新たに開発させ,独立した単位の所領としたもの。
→関連項目飾磨津

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

べっぷ【別符】

平安末期から鎌倉期に見られる土地制度上の地域呼称。本来の荘園に付随する地域と,本荘とは別に国司免符や院庁下文等(別納の符)を申請者にあたえて開発させ,独立的性格の所領とさせたもので,多くは〈一色別符〉すなわち所当・公事のうち所当一色を徴納した。1124年(天治1)美濃国茜部荘を領する東大寺が,〈くだんの牓示の内をもって光国私領鶉郷の別符と号し,ひとえに押領するところなり〉と源光国を非難したように,所領の拡大手段ともされ,また肥前国松浦荘が,筑前守国兼の私領から鳥羽院庁下文で別符とされ,ついで牓示を打ち立券荘号の手続がとられたように,私領の荘園化の過程でも成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

別符
べっぷ

「べふ」「びゅう」などともいう。平安時代末期に成立した土地制度の一つで、国衙(こくが)が特別の符宣をもって成立させた特別区域。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

別符の関連キーワード明通寺一字三礼本名海人の刈藻阿弥陀聖一文字則宗四句神歌二句神歌半首例名

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

別符の関連情報