コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官物 カンブツ

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぶつ〔クワン‐〕【官物】

政府所有のもの。官有物。かんもつ。
かんもつ(官物)2

かん‐もつ〔クワン‐〕【官物】

官府の所有物。かんぶつ。
諸国から政府に納める田租や上納物。かんぶつ。
「―の初穂を割(さ)き奉らせ給ふめり」〈大鏡・師尹〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

官物【かんもつ】

国家が公田を基準に賦課した租税律令制下では(そ)・調(ちょう)・(よう)など官庫に入れた貢納物を総称したが,平安中期以降,租税の地税化が進み,公田段別を基準に課された土地税を官物と称した。
→関連項目菅原荘弓削島荘臨時雑役

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんもつ【官物】

奈良~平安時代初期(8~9世紀),律令制のもとでは,租・調・庸・正税(しようぜい)など租税として官庫に納入されたものを官物と総称していた。ところが10世紀以降,律令国家の支配がゆきづまり,成年男子をおもな対象として人別に課税する律令徴税制度が崩れてくると,国家は徴税方式を改め租税の地税化をすすめるようになる。その結果,租・正税などは田1反を基準に課せられて,以後この地税が〈官物〉と称され,人別賦課形式をとる,もう一つの課税である〈臨時雑役〉とならんで,平安中期(10~11世紀半ば)の国家の新たな徴税体系の柱となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんぶつ【官物】

かんもつ(官物)」に同じ。

かんもつ【官物】

官の所有物。かんぶつ。
律令制下、租庸調・出挙稲すいことう・公田地子物など、政府や国衙こくがに納める租税・貢納物の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

官物
かんもつ

(りょう)制下で官に納入する諸税の総称。荘園(しょうえん)制においても、所当(しょとう)の年貢を官物と称した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の官物の言及

【国衙法】より

…したがって国衙法は律令のような法典をもたず,その効力も一国内に限定される。例えば,律令制下では人別に賦課されるのが原則であった官物(かんもつ)は,段別に賦課されて地税化し,その際の賦課基準は段別3斗というように,一定の率が国例として固定していくが,それはあくまでも〈当国之例〉であって,かつての律令のように全国一律に通用するものではなかった。国衙法は行政管轄の面から見れば,公家法の下に属するものであるから公家法の一種といえなくもないが,国衙領が国衙の所有する荘園のごとき観のあることを考え合わせれば,その実態はむしろ荘園領主法に近い面をもっていたともいえよう。…

※「官物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

官物の関連キーワード上野国交替実録帳税所・済所弁別・分別不輸・不入藤原清廉藤原元命官物率法加徴米起請田率分堂所有物源義親租庸調弁済使便補保内蔵寮拒捍使かん免田斎蔵

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官物の関連情報