コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官職秘抄 かんしょくひしょう

1件 の用語解説(官職秘抄の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんしょくひしょう【官職秘抄】

令制および令外(りようげ)の官の補任基準,補任例を記した書。上下2巻。除目(じもく)にかかわる蔵人・弁官を歴任した兵部卿平基親が,その造詣を駆使して著した。1200年(正治2)ころの成立と推定される。武家政権の成立という状況下で,朝廷の官職制度を明らかにしようとする意図を持つ。《職原鈔》など,後世の官職注釈書に大きな影響を与えた。《群書類従》所収。【加地 宏江】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

官職秘抄の関連キーワード勘解由使季禄公卿補任長官の君長官の殿補任令外令外の官内つ臣大輔

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone