コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職原抄(読み)しょくげんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職原抄
しょくげんしょう

有職書。2巻。北畠親房著。興国1=暦応3 (1340) 年成立。官位沿革補任,昇進について記したもので,親房が後村上天皇のために常陸小田城で筆をとったものといわれ,当時の官位制度などについての貴重な史料である。『群書類従所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

職原抄
しょくげんしょう

常陸国(ひたちのくに)小田(おだ)城(茨城県つくば市小田)籠城(ろうじょう)中の北畠親房(きたばたけちかふさ)が、『神皇正統記(じんのうしょうとうき)』とともに著した官職研究書。2巻。職原鈔(しょう)とも表記する。令制(りょうせい)および令外官(りょうげのかん)について、その職制・起源沿革・補任(ぶにん)・昇進の次第などを詳説。1340年(興国1・暦応3)成立。著作の動機は、後村上(ごむらかみ)天皇の施政の参考に供するためとされるが、東国の豪族たちが親房の説得に対して官職の推挙を求めた事情も、考慮する必要があろう。『群書類従』(官職部)所収。[熱田 公]
『塙保己一編『羣書類従 第4、5輯』2冊・3版訂正版(1960・続群書類従完成会) ▽黒板伸夫著『摂関時代史論集』(1980・吉川弘文館) ▽白山芳太郎著『職原鈔の基礎的研究』(1990・神道史学会) ▽加地宏江著『中世歴史叙述の展開――『職原鈔』と後期軍記』(1999・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android