コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職原抄 しょくげんしょう

3件 の用語解説(職原抄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職原抄
しょくげんしょう

有職書。2巻。北畠親房著。興国1=暦応3 (1340) 年成立。官位の沿革や補任,昇進について記したもので,親房が後村上天皇のために常陸小田城で筆をとったものといわれ,当時の官位制度などについての貴重な史料である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょくげんしょう〔シヨクゲンセウ〕【職原抄】

南北朝時代の有職(ゆうそく)書。2巻。北畠親房著。興国元=暦応3年(1340)成立。日本の官職の沿革を漢文で記述。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

職原抄
しょくげんしょう

常陸国(ひたちのくに)小田(おだ)城(茨城県つくば市小田)籠城(ろうじょう)中の北畠親房(きたばたけちかふさ)が、『神皇正統記(じんのうしょうとうき)』とともに著した官職研究書。2巻。職原鈔(しょう)とも表記する。令制(りょうせい)および令外官(りょうげのかん)について、その職制・起源沿革・補任(ぶにん)・昇進の次第などを詳説。1340年(興国1・暦応3)成立。著作の動機は、後村上(ごむらかみ)天皇の施政の参考に供するためとされるが、東国の豪族たちが親房の説得に対して官職の推挙を求めた事情も、考慮する必要があろう。『群書類従』(官職部)所収。[熱田 公]
『塙保己一編『羣書類従 第4、5輯』2冊・3版訂正版(1960・続群書類従完成会) ▽黒板伸夫著『摂関時代史論集』(1980・吉川弘文館) ▽白山芳太郎著『職原鈔の基礎的研究』(1990・神道史学会) ▽加地宏江著『中世歴史叙述の展開――『職原鈔』と後期軍記』(1999・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

職原抄の関連キーワード春日顕国北畠顕信元元集関城書関宗祐北畠北畠准后職原鈔北畠師親結城直朝(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone