コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御用船 ゴヨウセン

デジタル大辞泉の解説

ごよう‐せん【御用船】

戦時などに政府や軍が徴発して軍事目的に使用した民間の船舶。
江戸時代幕府・諸藩が必要に応じて運送を委託した船、または傭船

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごようせん【御用船】

江戸時代、幕府・諸藩が荷物運送などを委託した民間の船舶。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御用船の関連キーワード乾 新兵衛(3代目)大沢権右衛門宇田 友四郎高田屋嘉兵衛志田 岩太郎喜曽 十三郎日の丸御城米武田斐三郎猿若勘三郎富永 清蔵銭屋五兵衛中村勘三郎香川(県)衣笠貞之助美川[町]島村 浅夫多々良孝平浮島丸事件志田岩太郎門前[町]

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android