定偏角プリズム(読み)ていへんかくプリズム(英語表記)constant deviation prism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定偏角プリズム
ていへんかくプリズム
constant deviation prism

水平断面が四角形をしていて,各頂角の角度が適当であるプリズムを使えば,どのような波長の光に対してもプリズムを回転することによって,最小偏角の条件を満足しながら入射光と射出光の方向が一定 (定偏角) であるようにすることができる。このように設計されたプリズムを定偏角プリズムといい,連続光源から単色光を選び出すためのモノクロメータのプリズムとして使われる。定偏角 60°のアッベのプリズム,90°のペラン=プロカのプリズムなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の定偏角プリズムの言及

【プリズム】より

…分散用のプリズムにはA=60゜のものがもっとも多い。すべての波長に対して一定の最小偏角をもつ定偏角プリズム(アッベのプリズムなど)も用いられる。材料としては,可視光に対しては分散の大きいフリントガラス,紫外線に対しては水晶や蛍石,赤外線には岩塩や臭化カリウムなどの結晶が用いられる。…

※「定偏角プリズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android