コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

品/科/階 シナ

10件 の用語解説(品/科/階の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しな【品/科/階】

(品)何かに使用する、形のあるもの。品物。「見舞いの―」「結構なお―」
(品)商品。「良い―を安く売る」「―が豊富な店」「―ぞろえ」
物の品質。「―が落ちる」
材料や品質の良し悪しによって分けた種類。等級。「―分け」
(科)ちょっとした媚(こび)を含んだ身ぶりやしぐさ。特に、女が男に見せるようす・態度についていう。「―をする」
地位。身分。家柄。
「人の―高く生まれぬれば」〈・帚木〉
人の品格。人柄。品位。
「さぶらふ中に―心すぐれたる限りを選(え)りて」〈・若菜上〉
きざはし。階段。
「御階(みはし)の中の―のほどに居給ひぬ」〈・若菜上〉
物事の事情、立場。
「徳様も死なねばならぬ―なるが」〈浄・曽根崎

ひん【品】

[名]人や物にそなわっている、好ましい品格・品質。「―がよい」「―がない」
[接尾]助数詞。料理などの品数を数えるのに用いる。上にくる語によっては「ぴん」となる。「二―注文する」

ひん【品】[漢字項目]

[音]ヒン(漢) ホン(呉) [訓]しな
学習漢字]3年
〈ヒン〉
いろいろな物。しなもの。「品質品種品目遺品佳品金品景品作品出品小品商品食品新品製品絶品珍品廃品備品部品物品薬品良品
物や人の質によって分けた等級。「品位品格気品下品上品人品
等級をつける。「品評
〈ホン〉
等級。「九品(くほん)下品(げぼん)上品(じょうぼん)
仏典の中の編や章。「普門品(ふもんぼん)
昔、親王・内親王に賜った位階。「品位
〈しな(じな)〉「品数品品品物粗品(そしな)手品
[名のり]かず・かつ・ただ・のり・ひで

ぴん【品】

[接尾]ひん(品)」に同じ。「一―料理」

ほん【品】

[名]
古代の中国で、官人に与えられていた位階。
日本で、親王内親王に与えられた位階。一品から四品まであり、無位の者は無品(むほん)とよばれた。品位(ほんい)。
日本で、位階の異称。
[接尾]上に来る語によっては「ぼん」「ぽん」となる。
仏教で、極楽往生する者の能力や性質などを等級に分ける語。上中下に分け、さらに、それぞれを上中下に分ける。→九品(くほん)
仏典の中の編や章に当たるもの。「方便

ほん【品】[漢字項目]

ひん

ぼん【品】

[接尾]ほん(品)」に同じ。「三―成就」

ぽん【品】

[接尾]ほん(品)」に同じ。「法華経二十八―」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひん【品】

[0] ( 名 )
人や物にそなわる性質のうち、自然と外にあらわれる、好ましい、洗練された様子。品格。風格。 「 -がよい」 「 -が悪い」 「 -がある」 「 -がない」
( 接尾 )
助数詞。料理などの品数を数えるのに用いる。上にくる語によって「ぴん」となる。 「一-料理」

ほん【品】

[1] ( 名 )
古代の中国で官人に与えられていた位階。
日本では、親王・内親王に与えられていた位階。一品いつぽんから四品しほんまである。
日本で、位階の別名。位
( 接尾 )
仏教で、極楽往生する者の能力・性質などを等級に分ける語。上中下に分け、さらにそれぞれを上中下に分ける。
仏典の中の章・節に当たるもの。 「法華経-」 「方便-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

品/科/階の関連キーワード使用イメージ磁力計軍用金何かしらOring体外診断用医薬品屋根材ぺラム銜 (pelham bit)チェーン・シャンク (Chain Shank)スウェット・フード (Sweat Hood)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone