コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定照 じょうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定照 じょうしょう

?-? 鎌倉時代の僧。
上野(こうずけ)(群馬県)の人。天台宗。比叡(ひえい)山でまなぶ。嘉禄(かろく)元年(1225)「弾選択(だんせんじゃく)」をあらわして法然(ほうねん)の浄土教を非難。法然の弟子隆寛(りゅうかん)が「顕選択」をあらわしてこれに反論すると,比叡山の衆徒らと専修念仏の停止を朝廷にうったえ,隆寛らは流罪となった。通称は並榎竪者(なみえのりっしゃ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

定照の関連キーワード[各個指定]芸能部門放射線療法太平興国寺原体照射鎌倉時代善徳尼定昭

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定照の関連情報