コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宜しなへ ヨロシナエ

デジタル大辞泉の解説

よろし‐なえ〔‐なへ〕【宜しなへ】

[副]《形容詞「よろし」の語幹+連語「なへ」から》ちょうどよいぐあいに。ふさわしく。
「耳梨の青菅山(あをすがやま)は背面(そとも)の大き御門に―神さび立てり」〈・五二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よろしなへ【宜しなへ】

( 副 )
〔「なへ」は助詞〕
ちょうどよく。いかにもふさわしく。 「 -我が背の君が負ひ来にしこの背の山を妹いもとは呼ばじ/万葉集 286

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宜しなへの関連キーワード背の君助詞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android