コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝川[温泉] たからがわ

百科事典マイペディアの解説

宝川[温泉]【たからがわ】

群馬県みなかみ町,利根川の支流宝川に沿う温泉単純泉。69℃。湯量が多く,露天風呂で有名。古く白鷹ノ湯といった。17世紀の国絵図に温泉の存在が記される。人工湖藤原湖洞元湖,上ノ原高原に近い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たからがわ【宝川[温泉]】

群馬県北部,利根郡水上町にある温泉。藤原湖の北端から利根川支流の宝川を1kmほどさかのぼったところにある。一軒宿で,渓流沿いに四つの露天ぶろがあり,紅葉の時期がとくによい。日本武尊が白鷹に導かれたという伝説によって白鷹ノ湯ともよばれ,古くから利用された。泉質は単純泉,泉温43~58℃。上越線水上駅からバスで50分,さらに徒歩15分。【谷沢 明】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android