コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実体変化 じったいへんかtranssubstantiatio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実体変化
じったいへんか
transsubstantiatio

化体説,全質変化ともいう。カトリック神学用語。キリスト最後の晩餐でパンを取り,「これはわたしのからだである」 (マルコ福音書 14・22) と言ったとされるが,その時点でパンの実体がまったく消滅し,キリストの実体となったとする解釈をいい,パンとキリストの実体がそれぞれ同時に,ともに存在するとしたルター派の共在説やキリストの実体は存在せず象徴としてあるにすぎないとしたツウィングリらの象徴説と対立する (→聖餐象徴論 ) 。ぶどう酒についても同様に説明され,またこの晩餐の再現であるとされるミサにおける聖変化にも適用されている。 12世紀頃からスコラ哲学を背景に理論化され,トリエント公会議 (1546~47) もこの表現を受入れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

実体変化の関連キーワードキュリロス[エルサレム]トレント公会議聖餐論争聖体現存

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android