実藤恵秀(読み)さねとう けいしゅう

  • 実藤恵秀 さねとう-けいしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1896-1985 昭和時代の中国研究者。
明治29年5月13日生まれ。昭和10年竹内好(よしみ)らの中国文学研究会にくわわる。24年母校早大の教授となる。大学在学中から近代の日中文化交流に関心をもち,35年に「中国人日本留学史」をまとめた。昭和60年1月2日死去。88歳。広島県出身。訳書黄遵憲(こう-じゅんけん)の「日本雑事詩」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android