コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実藤恵秀 さねとう けいしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実藤恵秀 さねとう-けいしゅう

1896-1985 昭和時代の中国研究者。
明治29年5月13日生まれ。昭和10年竹内好(よしみ)らの中国文学研究会にくわわる。24年母校早大の教授となる。大学在学中から近代の日中文化交流に関心をもち,35年に「中国人日本留学史」をまとめた。昭和60年1月2日死去。88歳。広島県出身。訳書黄遵憲(こう-じゅんけん)の「日本雑事詩」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

実藤恵秀の関連キーワードさねとう あきら昭和時代黄谷柳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android