コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実質為替レート じっしつかわせレートreal exchange rate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実質為替レート
じっしつかわせレート
real exchange rate

インフレ格差を差引いて修正した為替レートをいう。具体的には当該期間の為替レートの変化をそれぞれの物価指数で割引いた指数である。現実の為替レートがインフレ格差で決まる購買力平価レートからどの程度乖離 (かいり) しているのかを示す指標である。またラテンアメリカ諸国のようにインフレ率がきわめて高く,その調整のためにドル高とならざるをえない通貨もあるので,こうした通貨の価値を調べる際には,インフレ格差を差引いた実質為替レートをみることも重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

実質為替レート【じっしつかわせレート】

為替相場を時系列で比較するとき,または第三国の為替相場を仲立ちに異なる国々の購買力を比較したいときに,各国の各時点の物価水準で為替相場を修正すること。そうすることにより,インフレ率を除外した正しい比較が可能となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

実質為替レートの関連キーワード実効為替レート(Effective Exchange Rates)実効為替レート

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android