コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実質雇用者報酬 ジッシツコヨウシャホウシュウ

1件 の用語解説(実質雇用者報酬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じっしつ‐こようしゃほうしゅう〔‐コヨウシヤホウシウ〕【実質雇用者報酬】

名目雇用者報酬をある特定の基準年の物価水準に換算したもの。経済活動の水準の変動や景気の動向を表す重要な指標の一つ。インフレデフレによる物価変動の影響を除外して報酬水準の推移や購買力の変動を見るときに用いる。名目雇用者報酬から実質家計最終消費支出帰属家賃を除く)を差し引いた値としても算出される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実質雇用者報酬の関連情報