実質雇用者報酬(読み)ジッシツコヨウシャホウシュウ

デジタル大辞泉の解説

じっしつ‐こようしゃほうしゅう〔‐コヨウシヤホウシウ〕【実質雇用者報酬】

名目雇用者報酬を、ある特定の基準年の物価水準に換算したもの。経済活動の水準の変動や景気の動向を表す重要な指標の一。インフレデフレによる物価変動の影響を除外して報酬水準の推移や購買力の変動を見るときに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android