実質雇用者報酬(読み)ジッシツコヨウシャホウシュウ

デジタル大辞泉の解説

じっしつ‐こようしゃほうしゅう〔‐コヨウシヤホウシウ〕【実質雇用者報酬】

名目雇用者報酬を、ある特定の基準年の物価水準に換算したもの。経済活動の水準の変動や景気の動向を表す重要な指標の一。インフレデフレによる物価変動の影響を除外して報酬水準の推移や購買力の変動を見るときに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実質雇用者報酬の関連情報