コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実験主義 ジッケンシュギ

デジタル大辞泉の解説

じっけん‐しゅぎ【実験主義】

真理を具体的な経験でとらえようとする立場。
デューイが主張する認識論上の立場。感覚的要素は特定の目的の実現を目ざす観念に導かれた積極的行為によってのみとらえられるもので、このような実験的態度がなければ意義をもたないとする説。実験的経験論。→インストルメンタリズム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっけんしゅぎ【実験主義】

〘哲〙アメリカのプラグマティスト、デューイの哲学的立場。実験的経験論とも呼ばれる。認識を人間による環境への実験的働きかけ(行動)として捉え、その正否は行動の結果によってテストされるとする考え。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

実験主義の関連キーワードボイル(Robert Boyle)デューイ(John Dewey)アルベルト アルバジーノジョバンニ テストーリプラグマティスト民主主義と教育アルバジーノテストーリパゾリーニ社会病理新前衛派大浦 猛及川 伸教育学一柳慧

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android