実験主義(読み)ジッケンシュギ

デジタル大辞泉の解説

じっけん‐しゅぎ【実験主義】

真理を具体的な経験でとらえようとする立場。
デューイが主張する認識論上の立場。感覚的要素は特定の目的の実現を目ざす観念に導かれた積極的行為によってのみとらえられるもので、このような実験的態度がなければ意義をもたないとする説。実験的経験論。→インストルメンタリズム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっけんしゅぎ【実験主義】

〘哲〙アメリカのプラグマティスト、デューイの哲学的立場。実験的経験論とも呼ばれる。認識を人間による環境への実験的働きかけ(行動)として捉え、その正否は行動の結果によってテストされるとする考え。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android