コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室田義文 むろた よしあや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

室田義文 むろた-よしあや

1847-1938 明治-昭和時代前期の外交官,実業家。
弘化(こうか)4年9月19日生まれ。もと常陸(ひたち)水戸藩士。明治5年外務省にはいり,釜山領事,初代メキシコ公使などを歴任。34年貴族院議員。百十銀行頭取,北海道炭礦汽船社長などをつとめる。42年清(しん)(中国)ハルビン駅頭で狙撃(そげき)された伊藤博文(ひろぶみ)に同行,死にたちあった。昭和13年9月5日死去。92歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

室田義文の関連キーワード実業家外交官弘化

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android