コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室田義文 むろた よしあや

1件 の用語解説(室田義文の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

室田義文 むろた-よしあや

1847-1938 明治-昭和時代前期の外交官,実業家。
弘化(こうか)4年9月19日生まれ。もと常陸(ひたち)水戸藩士。明治5年外務省にはいり,釜山領事,初代メキシコ公使などを歴任。34年貴族院議員百十銀行頭取,北海道炭礦汽船社長などをつとめる。42年清(しん)(中国)ハルビン駅頭で狙撃(そげき)された伊藤博文(ひろぶみ)に同行,死にたちあった。昭和13年9月5日死去。92歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

室田義文の関連キーワード山本梅史河野秀男斎藤寿雄杉本道山瀬川章友高橋真八千葉掬香仁保清作本多主馬吉野銓三

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone