コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狙撃 ソゲキ

デジタル大辞泉の解説

そ‐げき【狙撃】

[名](スル)銃で、ねらって撃つこと。「要人が暴漢に狙撃される」「狙撃兵」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

狙撃

米国の作家J・C・ポロックの冒険小説(1991)。原題《Threat Case》。

狙撃

英国の作家ブライアン・フリーマントルのスパイ小説(1988)。原題《The Run Around》。「チャーリー・マフィン」シリーズ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

そげき【狙撃】

( 名 ) スル
ねらい撃つこと。 「 -手しゆ」 「 -兵」 「敵を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狙撃の関連キーワードヘンドリック・F. フルウールトジョンアメリカン・スナイパーケネディ大統領暗殺事件スプリングフィールド銃M.アンワル サダトケルディムガンダム特別狙撃隊SWATロニ アンダーソンタキン・タン・トンクリス ライアンS.W.A.T.G. チュフライアーニー=パイルムスリム同胞団ミロラドビッチラブレニョーフS. ビタールタキンタントン沢田教一さん

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狙撃の関連情報