コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室谷洞穴 むろやどうけつ

世界大百科事典 第2版の解説

むろやどうけつ【室谷洞穴】

新潟県東蒲原郡上川村神谷に所在する縄文草創期から弥生時代にかけての遺跡。室谷集落から上流へ約2km,室谷川左岸の斜長流紋岩岩壁に南に開口する間口7m,高さ3m,奥行8mの洞穴で,前面は幅約8mほどのテラスをへて,河床まで約40mの比高差をもつ段丘崖となる。1960年以来3次にわたり発掘調査が行われた。その結果,上層からは土師器弥生土器,縄文早期から後期の遺物が見つかり,洞穴奥部の第3層では,縄文前期初頭の側臥屈位埋葬人骨(成人女性)が発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android