コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宥貞 ゆうてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宥貞 ゆうてい

1592-1664 江戸時代前期の僧。
文禄(ぶんろく)元年生まれ。天台をまなんだが真言に転じ,京都智積(ちしゃく)院の日誉,元寿らにまなぶ。寛永19年徳川家光の命で,武蔵(むさし)中野の宝仙寺住職となり,慶安2年愛宕(あたご)の円福寺にうつった。明暦2年(1656)智積院6世。寛文4年5月6日死去。73歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宥貞の関連キーワード総合年表(アメリカ)文禄コボシェークスピア水野十郎左衛門ニコルズ工藤治兵衛南部重直秋田藩モリエール

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone