コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮内勝典 みやうち かつすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮内勝典 みやうち-かつすけ

1944- 昭和後期-平成時代の作家。
昭和19年10月4日満州(中国東北部)ハルビン生まれ。20代の5年間,世界各地を放浪する。昭和54年「南風」で文芸賞,56年「金色の象」で野間文芸新人賞。平成18年「焼身」で芸術選奨文部科学大臣賞,読売文学賞。23年「魔王の愛」で伊藤整文学賞。ほかにアメリカの放浪体験をえがいた「グリニッジの光りを離れて」,アメリカの現状をルポした「宇宙的ナンセンスの時代」,「海亀通信」など。鹿児島甲南高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮内勝典の関連キーワード昭和

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮内勝典の関連情報