焼身(読み)ショウシン

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐しん セウ‥【焼身】

〘名〙 自分の身体を焼くこと。仏教では、主に僧が求法、供養または衆生済度のために火中に身を投ずること。
※法然上人行状画図(1307‐16頃)二八「自害往生・焼身往生・入水往生・断食往生等の事、末代には斟酌すべしと誡めをかれけるとかや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の焼身の言及

【捨身】より

…捨身の方法は焚身,入水(経典に証例なく,日本にとくに多い),投身,断食,頸縊,自害などがあった。薬王菩薩の焼身(《法華経》),薩埵(さつた)太子の捨身飼虎(《金光明経》),雪山(せつせん)童子の捨身羅刹(らせつ)(北本《涅槃経》)は著名。月兎はウサギの焚身であることが《今昔物語集》にみえている。…

※「焼身」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報