コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼身 ショウシン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐しん〔セウ‐〕【焼身】

[名](スル)自分のからだを火でくこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうしん【焼身】

( 名 ) スル
死ぬために自分の体を火で焼くこと。 「 -自殺」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の焼身の言及

【捨身】より

…捨身の方法は焚身,入水(経典に証例なく,日本にとくに多い),投身,断食,頸縊,自害などがあった。薬王菩薩の焼身(《法華経》),薩埵(さつた)太子の捨身飼虎(《金光明経》),雪山(せつせん)童子の捨身羅刹(らせつ)(北本《涅槃経》)は著名。月兎はウサギの焚身であることが《今昔物語集》にみえている。…

※「焼身」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

焼身の関連キーワードチュニジア国民対話カルテットシャマシュ=シュム=ウキンチュニジアとアラブの春キム・ジハ(金芝河)東海道新幹線放火ジャスミン革命チベット問題由比 忠之進クロイソス藤井 日達芝田 進午粟田口吉光山村 政明由比忠之進アラブの春山村政明葉 菊蘭捨身往生チベット藤井久任

焼身の関連情報