コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮和田光胤 みやわだ みつたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮和田光胤 みやわだ-みつたね

1816-1888 幕末-明治時代の国学者。
文化13年生まれ。平田銕胤(かねたね)の門人。尊攘(そんじょう)運動家とまじわり,その影響で長男勇太郎は足利氏木像梟首(きょうしゅ)事件に,次男の進は大村益次郎暗殺にくわわった。維新後は刑法官につとめ,のち東京深川八幡の神職。明治21年3月8日死去。73歳。下総(しもうさ)相馬郡宮和田村(茨城県)出身。通称は又右衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮和田光胤の関連キーワード国学者

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android