コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮坂英弌 みやさか ふさかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮坂英弌 みやさか-ふさかず

1887-1975 昭和時代の考古学者。
明治20年3月4日生まれ。郷里長野県諏訪郡の小学校教員のかたわら,昭和4年から八ケ岳山麓の尖石(とがりいし)遺跡を発掘し,縄文時代中期の集落研究の基礎をきずく。さらに同県内の遺跡の調査,保存につくした。30年茅野市尖石考古館館長。49年吉川英治文化賞。昭和50年6月11日死去。88歳。旧制諏訪中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宮坂英弌の言及

【尖石遺跡】より

…長野県茅野市豊平南大塩にあり,八ヶ岳西麓に発達した縄文時代中期の代表的な遺跡。1940年頃から地元の考古学者宮坂英弌(ふさかず)(1887‐1975)が独力で発掘を続け,多数の住居址群や遺物を発見した。日本における原始集落研究のさきがけをなした学史的にも重要な遺跡で,52年には国の特別史跡に指定された。…

※「宮坂英弌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宮坂英弌の関連キーワード尖石石器時代遺跡尖石遺跡昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android