コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮坂英弌 みやさか ふさかず

1件 の用語解説(宮坂英弌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮坂英弌 みやさか-ふさかず

1887-1975 昭和時代の考古学者。
明治20年3月4日生まれ。郷里の長野県諏訪郡小学校教員のかたわら,昭和4年から八ケ岳山麓の尖石(とがりいし)遺跡を発掘し,縄文時代中期の集落研究の基礎をきずく。さらに同県内の遺跡の調査,保存につくした。30年茅野市尖石考古館館長。49年吉川英治文化賞。昭和50年6月11日死去。88歳。旧制諏訪中学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の宮坂英弌の言及

【尖石遺跡】より

…長野県茅野市豊平南大塩にあり,八ヶ岳西麓に発達した縄文時代中期の代表的な遺跡。1940年頃から地元の考古学者宮坂英弌(ふさかず)(1887‐1975)が独力で発掘を続け,多数の住居址群や遺物を発見した。日本における原始集落研究のさきがけをなした学史的にも重要な遺跡で,52年には国の特別史跡に指定された。…

※「宮坂英弌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宮坂英弌の関連キーワード八幡一郎先史考古学森浩一大場磐雄岡崎敬工藤雅樹甲野勇首藤保之助玉井伊三郎早川荘作

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone