蓼科(読み)たでか

大辞林 第三版の解説

たでか【蓼科】

双子葉植物離弁花類の一科。温帯に多く、世界に約40属800種がある。草本まれに低木。葉は単葉で互生し、基部に筒状の托葉鞘がある。花は放射相称で小さく、花被片は四~六。果実は堅果。ダイオウ・タデ・アイ・ソバなどが古くから栽培される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蓼科の関連情報