宮城 美能留(読み)ミヤギ ミノル

新撰 芸能人物事典 明治~平成「宮城 美能留」の解説

宮城 美能留
ミヤギ ミノル


職業
琉球舞踊家

専門
組踊

肩書
宮城美能留沖縄歌舞団団長

資格
重要無形文化財技能保持者(組踊)

本名
宮城 稔(ミヤギ ミノル)

生年月日
昭和10年 3月13日

出生地
沖縄県 那覇市

学歴
那覇高〔昭和29年〕卒

経歴
琉球舞踊家・宮城能造の長男。昭和29年田代タカ子に「諸屯」などを、31年父、真境名由康、玉城盛義、上間朝久に組踊を学ぶ。32年宮城稔舞踊研究所を始め、45年宮城美能留沖縄歌舞団を結成。同年ソ連とポーランドで公演を行ったのを皮切りに、欧州、米国、北アフリカなど約30ケ国、80都市で公演、琉球舞踊を全世界に紹介する役割を担った。46年舞劇「パナリの恋」「悲恋瓦屋節」を発表して以来、歌舞劇の創作にも取り組んだ。47年本土復帰に伴い、組踊が国指定重要無形文化財に指定され、後継者に認定された。59年の沖縄伝統舞踊保存会の結成にも尽力した。61年末期癌に冒されながら組踊十番の一挙上演を成し遂げ、62年51歳で病没した。

没年月日
昭和62年 2月22日 (1987年)

家族
長女=宮城 早苗(琉球舞踊家)

伝記
終幕の思想―演劇人の死 北川 登園 著(発行元 白水社 ’93発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android