コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮城県北部地震 ミヤギケンホクブジシン

デジタル大辞泉の解説

みやぎけんほくぶ‐じしん〔‐ヂシン〕【宮城県北部地震】

宮城県北部を震源地とする地震。
昭和37年(1962)4月30日に発生したマグニチュード6.5の地震。現登米(とめ)市を中心に、家屋倒壊のほか、道路・鉄道・橋などの交通網に被害を受けた。
平成15年(2003)7月26日に発生したマグニチュード6.4の地震。宮城県の3町で震度6強、5町で震度6弱を観測。マグニチュード5.6の前震に始まり、本震後もマグニチュード5.5の余震が発生、大きな被害を及ぼした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

宮城県北部地震の関連キーワード東松島(市)

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮城県北部地震の関連情報