コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎定範 みやざき さだのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎定範 みやざき-さだのり

?-? 鎌倉時代の武将。
越中(富山県)宮崎城を本拠とした。承久(じょうきゅう)の乱で後鳥羽(ごとば)上皇方につき,仁科盛遠(もりとお)らとともに北陸道で幕府軍を迎撃。承久3年(1221)6月8日礪波(となみ)山でたたかって敗れ,その後は不明。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例