コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁科盛遠 ニシナモリトオ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁科盛遠 にしな-もりとお

?-? 鎌倉時代の武士。
信濃(しなの)(長野県)の人。熊野詣(もうで)の途上で後鳥羽(ごとば)上皇にであい,幕府に無断で上皇につかえて所領を没収される。承久(じょうきゅう)の乱(1221)では上皇方にくみし,近江(おうみ)(滋賀県)瀬田で戦死したともいう。通称は二郎。名は盛朝とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

仁科盛遠

生年:生没年不詳
鎌倉初期の武将。盛朝とする史料もある。父は信濃国住人仁科中方。後鳥羽上皇は熊野参詣の途次,盛遠の2児を召して北面においた。その縁で盛遠も院の北面武士となった。しかし院への臣従が鎌倉幕府に無断でなされたために,所領2カ所を没収された。この例でわかるように,後鳥羽上皇の熊野参詣には,地方武士との接触をはかる狙いがあったとおもわれる。承久の乱(1221)では京方につき,北陸道に派遣される。越中,加賀国境礪波山に布陣するが,北条朝時率いる幕府軍に敗れる。こののちの動静は不明であるが,近江国勢多で戦死したともいう。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしなもりとお【仁科盛遠】

?‐1221(承久3)
鎌倉時代前期の武士。盛朝ともいう。信濃国の住人。《仁科系図》によれば祖父妙覚は文覚上人の弟子という。また《諸家系図纂》などによれば,熊野詣の途中,後鳥羽院に参会し,院に出仕したという。承久の乱に際し,朝廷軍の北陸道方面の武将として北条朝時軍と戦ったのち,近江瀬田あるいは山城宇治で戦死したとみられる。【小田 雄三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にしなもりとお【仁科盛遠】

鎌倉時代の武将。通称、仁科次郎。信濃の人。後鳥羽上皇に仕え承久の乱で礪波となみ山に陣し、北条朝時の軍に敗れた。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の仁科盛遠の言及

【仁科氏】より

…平安末期から戦国時代にかけて,信濃国安曇郡仁科御厨(現,大町市)を中心とした地域を根拠とした武士の一族。出自は平氏とするのが一般的であるが,ほかにもいくつかの説がある。信濃土着の時期については不明であるが,治承・寿永の内乱に際して,太郎盛弘,次郎盛家らが木曾義仲の軍に従っており,この時期には信濃に土着していたことが知れる。盛家の子盛遠は後鳥羽院に仕え,1221年(承久3)承久の乱に京方として参戦し戦死した。…

※「仁科盛遠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仁科盛遠の関連キーワード宮崎定範

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android