コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎忠次郎 みやざき ちゅうじろう

2件 の用語解説(宮崎忠次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎忠次郎 みやざき-ちゅうじろう

1832-1870 明治時代の農民。
天保(てんぽう)3年生まれ。越中新川郡塚越村(富山県立山町)の人。明治2年年貢減免などを要求して同郡一帯におきた一揆(いっき),ばんどり(蓑(みの)の一種)騒動の首謀者として捕らえられる。3年10月27日金沢で処刑された。39歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

宮崎忠次郎

没年:明治3(1870)
生年:天保3(1832)
明治時代,富山藩新川郡一帯でおこったばんどり(蓑の一種)騒動の指導者。明治2(1869)年10月12日~11月3日の間に,貢租の軽減と公正な徴収,大庄屋に当たる十村・肝煎の公選,諸物価の引下げ,肥料の配給などを要求して,小百姓を中心に2万5000人余が参加して十村宅など42軒を打ちこわした。加賀藩の銃卒隊の出動で鎮圧された。発頭人の忠次郎は負傷して多くの者と共に逮捕された。忠次郎が斬罪に処せられたほかは,牢死者2名を除いて全員出獄した。これは彼が全責任を負ったためか,といわれている。明治13年,新川郡塚越村(中新川郡立山町)の彼の旧宅跡に宮崎忠次郎久明塚と彫られた義民顕彰碑が建立された。莚旗に「忠次郎大明神」と大書されたということは,彼が生神として一揆を指導したということか。

(吉武佳一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮崎忠次郎の関連キーワード白緑一帯稲野三重郎井山惟誠岡田呉陽小島直吉服部鷯吉山田新川

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone