宮川ひろ(読み)みやかわ ひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮川ひろ みやかわ-ひろ

1923- 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
大正12年3月15日生まれ。小学校教師をつとめたのち,今西祐行(すけゆき)に師事する。昭和44年「るすばん先生」で注目され,53年学童疎開をテーマにした「夜のかげぼうし」で赤い鳥文学賞。平成2年「桂子は風のなかで」で日本児童文学者協会賞。群馬県出身。金華学園教員養成所卒。著作はほかに「きょうはいい日だね」「あて名のない手紙」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android