コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮怨吟曲 きゅうえんぎんきょく

1件 の用語解説(宮怨吟曲の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうえんぎんきょく【宮怨吟曲】

ベトナムの長編詩。グエン・ザ・ティエウNguyen Gia Thieu(阮嘉韶。1741‐98)によって書かれた。漢字とチュノムを混用し,脚韻と腰韻を踏み,平仄式をもつ七言2句と六言,八言各1句のスタンザを連環する双七六八体詩で,356句から成る。ドアン・ティ・ディエム(段氏点)の《征婦吟曲》とともに,双七六八体詩の代表的作品とされる。皇帝の寵愛を失った後宮の嬪妾の嘆きと回想を,仏教的現世観をまじえた独白で歌ったもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宮怨吟曲の関連キーワード阮朝阮福映交趾ディエンビエンフーフエベトコンベトナム語エティエンヌ越僑日本ベトナム間賠償借款協定

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone