コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮怨吟曲 きゅうえんぎんきょく

1件 の用語解説(宮怨吟曲の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうえんぎんきょく【宮怨吟曲】

ベトナムの長編詩。グエン・ザ・ティエウNguyen Gia Thieu(阮嘉韶。1741‐98)によって書かれた。漢字とチュノムを混用し,脚韻と腰韻を踏み,平仄式をもつ七言2句と六言,八言各1句のスタンザを連環する双七六八体詩で,356句から成る。ドアン・ティ・ディエム(段氏点)の《征婦吟曲》とともに,双七六八体詩の代表的作品とされる。皇帝の寵愛を失った後宮の嬪妾の嘆きと回想を,仏教的現世観をまじえた独白で歌ったもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone