コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮怨吟曲 きゅうえんぎんきょく

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうえんぎんきょく【宮怨吟曲】

ベトナムの長編詩。グエン・ザ・ティエウNguyen Gia Thieu(阮嘉韶。1741‐98)によって書かれた。漢字とチュノムを混用し,脚韻と腰韻を踏み,平仄式をもつ七言2句と六言,八言各1句のスタンザを連環する双七六八体詩で,356句から成る。ドアン・ティ・ディエム(段氏点)の《征婦吟曲》とともに,双七六八体詩の代表的作品とされる。皇帝の寵愛を失った後宮の嬪妾の嘆きと回想を,仏教的現世観をまじえた独白で歌ったもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

宮怨吟曲の関連キーワードドアン・ティ・ディエムベトナム文学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android