宮本徳蔵(読み)みやもと とくぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮本徳蔵 みやもと-とくぞう

1930-2011 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和5年2月18日生まれ。生地の三重県伊勢市ガソリンスタンドを経営したあと執筆生活にはいり,昭和50年「浮游」で新潮新人賞をうける。相撲,歌舞伎などの多彩な趣味と幅ひろい読書遍歴をベースに異色作を生み,62年「力士漂泊」で読売文学賞,平成3年「虎砲記」で柴田錬三郎賞。平成23年2月2日死去。80歳。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android