コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮氏 みやうじ

1件 の用語解説(宮氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みやうじ【宮氏】

南北朝期以降,備後国品治(ほんじ)郡を中心とし国内各地に一族を分出した豪族。藤原氏小野宮流と伝え,備後一宮の社家と同族と推測される。《太平記》には船上山(せんじようさん)に馳せ参じた備後武士に宮氏を伝え,1342年(興国3∥康永1)伊予南軍を襲撃した足利尊氏方軍勢に宮兼信の参加を記す。一方46年(正平1∥貞和2)以降に幕府使節にあてられた宮盛重があり,観応の擾乱(じようらん)には足利直冬(ただふゆ)に与(くみ)し,やがて尊氏方に復帰したが,兼信は終始尊氏方で一時備中守護に任じられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宮氏の関連キーワード足軽安国寺一円知行本所本茶三原物河相清兵衛業海本浄西園寺公重品治牧人

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮氏の関連情報