宮氏(読み)みやうじ

世界大百科事典 第2版の解説

みやうじ【宮氏】

南北朝期以降,備後国品治(ほんじ)郡を中心とし国内各地に一族を分出した豪族。藤原氏小野宮流と伝え,備後一宮の社家と同族と推測される。《太平記》には船上山(せんじようさん)に馳せ参じた備後武士に宮氏を伝え,1342年(興国3∥康永1)伊予南軍を襲撃した足利尊氏方軍勢に宮兼信の参加を記す。一方46年(正平1∥貞和2)以降に幕府使節にあてられた宮盛重があり,観応の擾乱(じようらん)には足利直冬(ただふゆ)に与(くみ)し,やがて尊氏方に復帰したが,兼信は終始尊氏方で一時備中守護に任じられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮氏の関連情報