コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮王道三 みやおう どうさん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮王道三 みやおう-どうさん

?-? 戦国時代の能役者。
和泉(いずみ)(大阪府)堺の人。金春(こんぱる)大夫家の庶流で,金春岌蓮(ぎゅうれん)の門人。宮王大夫を称した。茶人でもあり,大名物(おおめいぶつ)の宮王肩衝(かたつき)茶入を所持した(弟宮王三郎の所持とも)。姓は竹田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮王道三の関連キーワード戦国時代能役者

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android