コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮田登 みやた のぼる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮田登 みやた-のぼる

1936-2000 昭和後期-平成時代の民俗学者。
昭和11年10月14日生まれ。東京学芸大助教授をへて,昭和57年筑波大教授となる。のち神奈川大教授。民間信仰,民間習俗などを歴史民俗学の視点から研究。また都市民俗学の確立をめざした。平成12年2月10日死去。63歳。神奈川県出身。東京教育大卒。著作に「ミロク信仰の研究」「妖怪の民俗学」「日本人と宗教」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮田登の関連キーワード柳田国男(やなぎたくにお)盆(先祖祭り)ハレ(民俗学)早川孝太郎後狩詞記東シナ海遠野物語網野善彦海上の道小谷三志鹿島信仰宇津峰城ナマズ鯰絵

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android