日和見(読み)ひよりみ

精選版 日本国語大辞典「日和見」の解説

ひより‐み【日和見】

〘名〙
① 天候の状態を観測すること。また、その人。特に和の航海では好天順風を第一条件とするため、常に空模様を予測する必要があり、その技術に長じることが船頭の重要な資格とされた。
俳諧・洗濯物(1666)一「日和見のならひの外や花ぐもり〈正隆〉」
② 周囲の形勢をうかがい、自分の態度を積極的に決定しないこと。事のなりゆきによって去就を決めようとすること。
※俳諧・見花数寄(1679)「摺子木の先は南へ傾きて〈一鶴〉 前句の逃れ知らぬ日和見〈西国〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「日和見」の解説

ひよりみ【日和見】

日和は天気をさす。日和見は天気の状況をうかがうことであり,江戸時代には各地の近くの小高い丘に日和見を行う場所があり,日和(ひより)山という地名が付せられている。十二支の方角石が置かれており,日和見の人がこの場所に立ち,風の向き,雲の動き,の速さなどをおしはかり,航海する船のコースをいろいろと検討したのである。日和見の名人といういい伝えも残っており,港の船頭や船問屋主人がしばしば行ったとされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の日和見の言及

【天気】より

…雲が生じて太陽や月が覆われ,雨が降り出す状態は曇天,雨天というのに対し,晴天と表現している。晴は,また日和(ひより)ともいい,日和を見る日和見もある。日本列島は,山地によって多くの面積が占められており,気象の変化は地域ごとにそれぞれ格差がある。…

※「日和見」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android