コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都市民俗学 としみんぞくがくurban folklore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都市民俗学
としみんぞくがく
urban folklore

1960年代以降の急激な都市化に伴い,単に過去の産物ではない,現代社会を反映する生きた民俗をとらえる必要があるという認識から,都市を研究対象にする方向が定着してきている。まず都市化という現象の中に変容あるいは再生している民俗文化を発見する作業が必要となり,次に都市に展開している大衆文化の中に組み込まれている民俗を積極的に抽出していこうとする流れがあり,宿場町や城下町といった各地の伝統的地方都市がクローズアップされている。一方,大都市ではさまざまな機能集団がさらに複雑に交錯しており,住民の移動が激しく民俗のいわゆる伝承母体が確定しにくいことなどから,大都市をフィールドとするには方法論上の困難さが伴うが,現代の高度情報社会においてマスメディアを媒介として展開される伝承といった,新しい都市の民俗資料を再検討しながら都市民の心意をとらえていこうとする研究も行なわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

都市民俗学の関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターコンゴ動乱

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone