コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民俗誌 みんぞくし

1件 の用語解説(民俗誌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民俗誌
みんぞくし

村落社会や地域の民俗を包括的に調査し記述した報告書。日本の民俗学においては,1920年代後半に本格的な調査を開始して以来,日本各地の村落についての膨大な民俗誌を集積してきた。柳田国男は,民俗誌を資料として日本の民俗を比較分析し,日本人の民俗の変遷を明らかにしようとしたが,柳田によれば,日本は稲作農耕社会として均質であり,個々の民俗は分解可能であることを前提としたため,彼の目指す民俗誌は必ずしも民俗相互の関係を強調したものではなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

民俗誌の関連情報