コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮紫暁 みや しぎょう

1件 の用語解説(宮紫暁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮紫暁 みや-しぎょう

1745-1806? 江戸時代中期-後期の俳人。
延享2年生まれ。京都の茶屋主人。高井几董(きとう)の門人で,春夜楼2代をついだ。几董一周忌の「鐘筑波(かねつくば)」,与謝蕪村(よさ-ぶそん)十七回忌の「常盤(ときわ)の香」などの追善集,紀行「歩月の章」,年々の歳旦帖など俳書の刊行がおおい。没年は文化3年ごろ。別号に聴亀庵,春宵楼。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宮紫暁の関連キーワードナポリ王国片山北海ビターリ(父子)中島藤右衛門ハイドン河東節フランツ大陸封鎖フランツ[2世]史跡

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone