コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮紫暁 みや しぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮紫暁 みや-しぎょう

1745-1806? 江戸時代中期-後期の俳人。
延享2年生まれ。京都の茶屋主人。高井几董(きとう)の門人で,春夜楼2代をついだ。几董一周忌の「鐘筑波(かねつくば)」,与謝蕪村(よさ-ぶそん)十七回忌の「常盤(ときわ)の香」などの追善集,紀行「歩月の章」,年々の歳旦帖など俳書の刊行がおおい。没年は文化3年ごろ。別号に聴亀庵,春宵楼。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宮紫暁の関連キーワード紫暁

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android