宮脇睡仙(読み)みやわき すいせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮脇睡仙 みやわき-すいせん

1815-1882 幕末-明治時代の武士,実業家。
文化12年7月21日生まれ。三河(愛知県)吉田藩士で,近江(おうみ)(滋賀県)の飛び領23ヵ村の郡代。国学にくわしく,詩歌,画をよくした。維新後は滋賀新聞社をおこし,近江米商会所頭取などをつとめた。明治15年10月24日死去。68歳。近江出身。名は政成。字(あざな)は民聴。通称は忠右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android