郡代(読み)ぐんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郡代
ぐんだい

室町,江戸時代職名室町時代には守護代とも称し,警察,租税関係を管掌した。江戸時代には幕府直轄地の民政を司る地方官を,諸藩では蔵入地の地方役人をさし,管轄区域の広大なもの,枢要の地,大藩付近の地,もしくは支配地 10万石以上を郡代,以下を代官と称した。幕府の郡代,代官は旗本から任用され,勘定奉行の支配に属し,その職掌勧農人別改,貢租収納などの地方事務と,警察,裁判,行刑などの公事方 (くじがた) 事務であり,おもに管轄地の大きい関東 (→関東郡代 ) ,美濃,飛騨,西国におかれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

郡代【ぐんだい】

室町・戦国・江戸時代の職名。室町・戦国時代は軍事や租税をつかさどる郡単位の代官,また守護大名戦国大名の領国支配においては,守護代の下に置かれる場合があった。江戸時代では勘定(かんじょう)奉行支配下にあって民政一般をつかさどった。関東郡代のほか,美濃(みの)郡代,飛騨(ひだ)郡代,西国筋郡代などが置かれた。
→関連項目国奉行陣屋代官天領

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんだい【郡代】


中世
 守護,戦国大名の支配の下で,郡を単位として地域的支配を行う郡代官。郡使,郡司などとも呼ばれる。守護,戦国大名の領国支配機構は守護代の下に郡単位に郡代を置いている場合がある。比較的その実態が明らかな大内氏(周防,長門が本国で豊前,筑前をも領国とする),大内氏を滅ぼして防長両国を征服,支配した毛利氏を例に以下その特徴を指摘する。 大内氏領国の郡代の職務は,管郡内の寺社・給人へ大内氏の命令を伝達するとともに管内の諸種の事柄を大内氏に注進する,郡帳(郡支配の基礎になる土地台帳)を掌握して管内の下地を管理する,管内から諸役(段銭等の公役(くやく)や郡夫など)を徴収するとともにそれらを管理し,かつ用途に付する,在地に対して裁判権を行使することで,また筑前では郡代が城督(城奉行)を兼ねて軍事的機能をあわせ掌握している例もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぐんだい【郡代】

中世、郡をあずかる代官、特に守護代の称。
江戸幕府の職名。関東諸代官を支配した関東郡代と、勘定奉行に属して天領支配にあたった美濃郡代・飛驒郡代・西国郡代とがあった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郡代
ぐんだい

鎌倉時代に守護代が郡ごとに任ぜられたのが始まり。室町時代には警備の任務から年貢収納を取り扱うようになった。戦国時代には1、2郡を管掌し軍事や年貢の徴収を主としてつかさどった。江戸時代には幕府、諸藩における民政一般の職務にあたる地方官の呼称となる。初期幕府領の支配には関東郡代のほかに尼崎(あまがさき)、丹波(たんば)、三河郡代があり、のち関東、美濃(みの)、飛騨(ひだ)、西国筋郡代に固定化した。関東郡代以外は勘定奉行(ぶぎょう)に所属し10万石以上を支配し、執務事項も、代官と同じく地理、年貢、出納、帳簿などの事務をつかさどる地方(じかた)と、警察、裁判の事務をつかさどる公事(くじ)方の二つの掛(かかり)があり、属吏には手付(てつき)、手代(てだい)、書役(かきやく)などがいた。検地や灌漑(かんがい)治水、新田開発を促進したが、各藩の郡代の職掌も、ほぼ幕府に準じていたといえる。[村上 直]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐん‐だい【郡代】

〘名〙
① 室町・戦国時代の職名の一つ。大名の領国内の郡の行政をつかさどった。郡奉行大代官ともいう。
※鵤荘引付‐宝徳三年(1451)八月一一日「宝生太夫勧進猿楽之配符入之。郡代徳次孫左衛門方」
江戸幕府の職名の一つ。勘定奉行の支配に属し、幕府直轄地の租税の徴収、領民の裁判、その他民政全般をつかさどったもの。格式、支配地域とも代官より上で、大体一〇万石以上。天正一八年(一五九〇)、関東郡代が設けられたのに始まり、ほかに美濃、西国、飛騨郡代などがあった。
※禁令考‐前集・第四・巻三三・享和元年(1801)七月「郡代手限にて差図可致品も、公事方同役共之為差出」
③ 薩摩藩の職名。農村支配の最高責任者。郡奉行を指揮し、勧農その他農民の取締りに任じた。
※薩隅日田賦雑徴‐明暦三年(1657)七月一七日「領国之内郡代役儀島津筑前新納右衛門へ申渡、郡奉行被相付之条致相談
④ 江戸時代、諸藩に設けられた農村支配役人。
※法例集(岡山藩)‐一・第三年貢・寛政三年(1791)一一月「此等之儀は郡代、郡奉行、郡目附共も早々可申出筈之処」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の郡代の言及

【国奉行】より

…【福田 豊彦】(2)近世 江戸時代初期に近畿地方などに置かれた幕府の職制。郡代(ぐんだい)ともいう。郡代は守護代の権限を郡ごとに分掌するもので,戦国期にも近畿や関東の後北条氏の分国などに存在した。…

【郡奉行】より

…一方,諸藩にあっては,代官の上にあり,年貢・戸口・宗門・検断・訴訟など農村に対する諸政にあずかり,その支配領域は多くの場合1郡程度であった。しかし,職掌は,各藩によって多様なものがあり,また,郡代・郡方奉行・代官頭などさまざまな呼称で呼ばれた。【藤井 譲治】。…

【西国筋郡代】より

…勘定奉行に属する旗本役。関東郡代,美濃郡代,飛驒郡代とともに幕府の4郡代という。豊臣秀吉の太閤蔵入地を継承して成立した天領日田は,大名預所,譜代藩領を経て,1639年(寛永16)代官支配地となり,日田代官が設置された。…

※「郡代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android